事務官に聞いてみた

コロナで遅れた指導はどうなるか? 事務官に聞いてみた。(その3)

  • 再生回数:473

コロナで遅れた指導はどうなるか?
事務官に聞いてみた。(その3)

 

「高点数はゆーてるだけや。やりたくてもでけへんのが現状やな」
関東甲信越は高点数ゼロやったんちゃうか?」
「せやろーなー、あそこは再指導ばっかりやからな」

「ちなみにやけど、集団個別に2年連続でお呼ばれした歯科医院は高点数個別指導の歯科医院として選定されるけど、何軒くらいあるんや?」
「そらもう、多いで。200件以上ちゃうか」

「んなもん全部は指導でけへんやろ」
「そらそーや。マンパワーが足れへん。でけへんで。ただでさえ、通報の個別指導が溜まっとるゆーのに」
「せやろーな」

「ちなみにな、通報で多いのはどこからの通報が多いんや」
「バラバラや。色んなところから、色んな通報が来るわ」
「保険者からの通報もあるか?」
「あるある。ぎょーさん来とるで」
「あいつら、レセ見ただけでそこまで分かりよるか?」

「まー重田君も分かるやろ? 自費と保険の二重請求しとるな、くらいは」
「…。まーな」

デブがニヤッとしてくる。
「重田君でも分かるなら、保険者だって分かりよるよ。分かってへんのは本人だけや」
せやろな。

自費は保険請求できないのでレセプトに記載されることはないものの、臭ってくる。
そもそも、無理な請求をしていると、その無理がレセプトに反映されてくる。
それが違和感として審査するものからすると”怪しい”と感じてしまう。

そのようなレセプトが多数出てくると通報されるのやろう。

意外に、保険者通報で多いのは自費の多い先生で、
いまいち保険のことが分かっていないのか?
もしくは、
分かっているのに爪を伸ばしてそのような請求をしとるのか?

知らんけど、歪んだカルテは、そのままレセプトのほうまで歪んでしまう。

「なんやったかなー、多いのがな、インプラントしとるのに違う手術に振り替えて請求しとったり、しよるな」
「でも、それを振替請求と判断するのは難しいやろ」
「せやねん、重田君みたいな輩がおるからな、不正請求として立証するのは難しいわ」

いちいち勘にさわるデブや。
とりあえず、ワインのコルクをデブの鼻に詰める。
もちろん、空想の中でやけど。

このデブ、ワインのコルクを趣味で集めてるみたいやけど、集めて何がしたいのかよく分からない。
エエところのワインを飲んだと自慢したいのか?
それとも酒豪を自慢したいのか?
承認欲求の塊はたまに訳のわからんことをする。

「まー、不当請求が関の山やな」
「せやろーな。歯周外科の振替請求はゲロってもらわん限り、難しいわ」

食事中にゲロとかゆーな。
自称グルメのくせにデリカシーがない。
まーだからデブなんやろーけど。

「あと、あれはどーなんや?患者通報での医療費通知と実際の支払いに差が出てくるやつは」
「あー、あれは大なり小なり、どこでもあるわ。レセチェックしてる限り、そーゆーの出てくるやろ」
「でも、付増請求の明確な証拠にはならんのか?」

「なれへん、なれへん。だって重田君、ふつーにな、歯管や衛実、歯清、P基処の算定漏れはどこの医院でもある話やろ?」
「まーそら、あるわ」
「算定漏れを付増請求ゆーのはな、ちょっとかわいそうやで」

「でも、そーやって言おうと思ったら言えるんちゃうんか?」
「そらそーやけどな、もっと金額がデカくならんとウチらも動かへんで」

「ナンボくらい差が開くと動くんや?」

つづく