貧乏歯医者が金持ち歯医者になったわけ

中医協の動向キックオフ(その9)

乳歯萌出前の乳幼児における口腔や食事指導の必要性について、示されています。何かと、保護者の小児への悩みの多さが示されており、多岐にわたることがわかります。問題が広く根深かったりすると育児放棄に繋がることや、口腔環境へのある種の虐待とも解釈できることより、歯医者の役割は重要と考えられます。

一歳半検診や三才時検診などの自治体による保健事業からも、小児へのネグレクトを早期発見する大切な役割となりますので、か強診の施設基準項目からも、今後もなくなることは考えづらいです。故に、その流れから、小児口腔機能管理の重要性はますます必要となることでしょう。

口腔機能管理関係につきましては、まず小児口腔機能管理料についての紹介。離乳前と離乳完了後では話す、食べる、その他の項目で若干の違いがありますので、書類記載もしくはカルテ記載において注意しておかなければなりません。

いわゆる、歯が生えていない小児においても、口腔機能発達不全のもとに、歯科疾患管理料と小児口腔機能管理料が算定できます。0歳からの歯科医料の介入が重要視されていることからも、今後のライフステージに沿った口腔機能管理として、か強診の実績項目にはいってもおかしくない評価項目であるとも考えられます。

小児口腔機能管理料の算定回数としましても、まだまだ国の満足するレベルには以前として達していないと考えられます。つまりは、まだまだ歯医者の小児の口腔機能管理が甘いと言う解釈ともとらえれます。ただ、フッ素を塗っていればいいという時代は終わりました。令和は機能管理の時代です。積極的に、算定していきましょう。一年算定したら、半年おやすみ。そして証拠写真をお忘れなく。

日本老年歯科医学会のから、口腔機能低下症についての診断基準や、その病態についてのまとめ紹介れています。算定するには、施設基準をとらなければなりませんが、これも離乳前の小児同様に、歯がなくなってしまった高齢者にたいしても、歯科疾患管理料の算定と、口腔機能管理料の算定が可能となる機能管理料です。

先ほども書きましたが、令和は機能管理の時代です。歯がない高齢者にたいしても、ただ、入れ歯の調整だけをしていれば言い訳ではないのです。訪問診療にならないように、国の求める医療費の削減を僭越ながらお手伝いするためにも、口腔機能の管理をしなければならないのです。これも、やはり今後、か強診の実績項目にはいってもおかしくないと思います。7つの下位症状をすべて、検査し口腔機能の精密検査で診断したのちの口腔機能低下症を管理していきましょう。

実際に口腔機能管理料として評価をされているということで、その項目や算定回数等が紹介されています。算定回数としては、まだまだですが上がり方はなかなかいい感じです。それでも、算定回数が少ないのは、施設基準が必要となることが壁となっているのかもしれません。

口腔機能の精密検査はすべて実施しなければならないですが、ほとんどは二つのうちひとつの項目を検査すれば良いですので、実態に則して実践しやすい検査の方を選択すれば良いです。ただし、低舌圧だけは代えが効かないですので注意が必要です。売り切れる前にJMSを。