保険診療を始める保険医の先生へ

保険診療を始める保険医の先生へ(その1)

  • 再生回数:468

保険診療を始める保険医の先生へ(その1)

ワシんところに相談される内容は

1、指導
2、保険算定

これがほとんどや。

まー重田に恋愛の話されても困るんやけどな。

今回は指導やなしに保険算定について話ししていこか。

いろんなセンセがゆーのが

✔️「保険の勉強をしたいけど、どこから始めていいかよく分からない。」
✔️「大学で教えてくれなかったからよく分からない」

こればっかりや。

たしかに歯医者になったら、どこぞの開業医に勤めるようになる。

でな、どこの院長先生も治療については色々と手取り足取り教えてくれる。

まー、たまに変わったセンセもおるけどな。

ただな、保険算定に関しては治療技術に比べるとそこまでや。

ここはな、歯科医院のキモとなるところやからあんまり言いたくないところや。

理由は簡単や。

「恥部」やからや。

もー、この一言で察して欲しいんやけどな。

たまにな、「保険じゃ食って行かれへんから自費をやろう!」とかアホなことゆーとるセンセおるけどな、保険で食われへんやつが自費で食えるかい。って思うやろ。

まー、貧すれば鈍するやろな。

カネがないと万引きするのと大して変われへん。

そーゆーセンセのカルテを見ると、ザルや。行き当たりばったりの算定をしとる。

算定の仕方がヘタ。

そーゆーセンセやねんからそーゆーカルテになるわな。

そら、万引きでもしよかって、なるわ。

で、メシのタネとなる保険診療の勉強もしやんと、ホームページのSEO対策とかスタッフの接遇改善セミナーとかエセコンサルのええカモにされとる。

そらな、自分の稼ぎが悪いのにスタッフの接遇が、とか言うたらスタッフも辞めるで。

ワシもな、昔はイキってた時には講習会に行ってたときもあったで。

インプラントのセミナーとか。

重田が技術系セミナーなんか似合わへんやろ。

ワシも昔は若かったんや。

インプラントのセミナーに行ったらよー分かったけどな、そーゆー自費絡みのセミナーには2種類のセンセがおる。

1、目をキラキラさせて、これからやったろーって勢いのあるセンセ
2、目が死んでて、インプラントで活路を見出そうとするセンセ

後者は保険では食われへんねやろな、って直感したわ。

ワシも歳いったらこんな小汚いおっさんにはなりたくない、って素直に思ったわ。

とりあえず、言いたいことは保険でメシ食われへん奴は目も死んどる。

自費はな、保険でお腹いっぱいメシ食ったやつが、別腹で甘いもん食うためのもんや。

メシも食われへんやつがお菓子なんか食えるかいや。

じゃーどーやって、保険でお腹いっぱいメシ食うか?

それには、「戦略」が必要や。

でな、「戦略」を組み立てるには「戦術」を知っておく必要があるで。

じゃー、次回から説明していこかー。