「非モテ・恋愛弱者の歯医者が婚活すると、こんなんだった…」

婚活物語 第二章 前編②

前回(第二章前編①)までの婚活物語
ついにマッチングアプリの深淵に足を踏み入れた恋石!
意外にもあっさり(人間以外とも…)マッチングを果たしたのだった。

(›´ω`‹ )婚活物語 第二章 前編②
(婚活アプリデビュー編 ~子連れ狼 地獄へ行くぞ!大〇郎~)

そんなこんなで取捨選択の結果、まずワイの希望に特に近い2人に注目してみることにした。

C(仮名)さん
明るくて楽しげな印象
スキーやスノボが趣味なのか~
ただちょっとチャラい感じはするし、今は無職なのが不安だな。
ただえり好みはできる立場じゃないし…

D(仮名)さん
真面目そうな方だな
お、しかも歯科助手の経験があるのか~
今は別の仕事をされてるみたいだけれども、共通の話題があるということで話はしやすいかも

この二人を中心にメッセージをしてみよう。
早速メッセージを返さねば。

「イイネありがとうございます。ワイも素敵な方だなと思い、イイネ返させていただきました~」
などとやり取りを始めると…

(;・ω・) あっという間に課金が必要な状況に追い込まれる。

というか無料プランだと把握できる情報や開封できるメッセージ数に限りがあり特に男性はまともに使えないのだ…
ワイは断腸の思いで課金することにした。

そしてそこで最初のアプリの洗礼を受けることになる…

(;・ω・)あれ、イイネくれた何人かはメッセージ送っても返信ないや。
っていうかそっちからイイネしてきたくせに既読もつかんぞ…
あ、これって…

☆☆☆☆★無料会員の時はイイネをたくさんもらえたが有料になったとたんもらもらえなくなり、マッチングした人との連絡が途絶えた、運営とサクラのつながりを感じる

(ꐦ •᷄ὢ•᷅ꐦ )これか~!!
この構図って昔の出会い系アプリに騙されるおっさんと何ら変わらないんじゃないのか?
なさけな~

(; ´-ω-`)はぁ…もう仕方ない
まぁ全員と連絡が途絶えたわけじゃないし、何とか続けよう。

~数日後~

慣れないアプリと格闘しつつ数日間メッセージのやり取りを続けてはっきりわかったことがある。

(´-ω-`) これ大変…

2つのアプリで5、6人ほどの方と同時にメッセージを続けつつ、新たにイイネしてくれた方の対応をしなければならない。
まずは自己紹介から始めって相手を褒めつつプロフィールを手掛かりに盛り上がりそうな話題をみつけ、受け答えや会話の盛り上がり掘り下げ方から、婚活の真剣度、そもそもこちらに気があるのかどうかなどを探っていく必要がある。
最初に自己紹介やパターン化できそうな会話はメモ帳にテンプレートを作成しコピペで行けるが、それ以外は相手に合わせてカスタマイズした対応が求められる。
最低でも相手と同じ分量のメッセージを送らないと、こちらのやる気を疑われる可能性があるので注意が必要だ。
逆に言うとオープンクエスチョンを投げかけているにもかかわらず、はい、いいえ、みたいにそっけなく返答してくるのはこちらに気がないとわかるので、即切りでOKだ。
こういう人はそもそもなんでワイにイイネしてきたんだよって話なんだけどね…

あと時間もものすごく取られる。

このころのスケジュールは仕事、婚活アプリの対応で他に何もする余裕がないほどだ。
ぶっちゃけTwitterをする余裕すらなかった。

~1週間後~

必死のメッセージ攻勢の末、どうにか数名の人と会いましょうかという話になった。
♪ヽ(*´ω`)ノ まずなんとかC(仮名)、D(仮名)さんと約束を取り付けることができた。
まずはCさんだ、よし頑張るぞい!

ただな…

街コンの例もあるし。
今回はメッセージに営業感はなかったけど会ってみるまで分からんしな~

(´-ω-`)大丈夫かな…

第二章前編③に続く

CONTACTお問い合わせ

コラムを読む