悪夢の院内運動会

悪夢の打ち上げ㉕

  • 再生回数:246

<おい須藤。あの娘、めちゃくちゃ酔っ払っとるやないか。〉

 

「ウチのスタッフですか?」

 

 

<いや、お前とデュエットしとった娘や。>

 

 

また愛子さまかい。どんだけ絡みあんねん。

 

 

 

「もうエエでしょ、C先生に見てもらいましょ。」

 

<冷たい事言うなや、縁ってのはこういうモンや。フォレストガンプや。一期一会や。>

 

「キャバ嬢にも同じ事言ってるんですか?」

 

<・・・余計なお世話や。とにかく見てみぃ、完全にグロッキーや。>

 

「さっさと家に帰したったらエエんちゃいますか?」

 

<時計見てみい。もうとっくに終電の時間は過ぎとる。だから、お前が介抱するしか方法は無いやろ。≫

 

「イヤ、他の女性スタッフにタクシー代とお小遣い渡して送らせたらエエじゃないですか。」

 

<それが、あの娘の家はここからタクシーで2時間以上はかかるとこや。て、C先生がな。>

 

「どんな猿岩石なんですか。ヒッチハイクして来とるんですか?」

 

<しょーもない事言うな。だから、送ろうにも送りようがないやろ。>

 

「別にそれでもエエじゃないですか。後々ややこしい話になるんやったら、それぐらいのタクシー代、安いもんでしょ。」

 

<簡単に言うけどな・・・>

 

 

と思った矢先、愛子さまがスクっと立ちあがった。

 

 

 

<どうやらパウダールームに行くみたいやな。>

 

「便所ですか。」

 

<お前にはデリカシーってもんが無いんか。立派なデリハラや。>

 

 

デリヘルみたいに言うな。

 

 

 

「そんなとこでブラックアウト起こしたら、エラい事ですよ?」

 

<アホな事言うやな・・・>

 

 

酔いが醒めた顔をしている。素面の時よりも、ダメージを受けているように見える。

 

 

そんな事を考えていると、思ったよりも早く愛子さまが戻ってきた。幸いにも大事には至らなかったようだ。

 

 

しかし、部屋に戻ってきた愛子さまを見ると・・・

 

 

 

雅子さまに入れ変わっていた。

 

 

 

引田天功ちゃうねん、どんなイリュージョンや。

 

 

 

どうやら別のスタッフのようだ。紛らわしい。

 

 

その後すかさず、愛子さまがカムバックや。フラフラしている。そのご尊顔を見ると、半笑いで目が座っている。

 

酔っぱらいにありがちなパターンや。別に珍しい話ではない。

 

 

 

が、しかし・・・完全に嘔吐する顔に変化し出した。

 

いや、呑み過ぎや。そして呑ませ過ぎや。若い娘を預かってる、て分かっとるんか?

 

 

酒が強かろうが弱かろうが、もはや強要そのものが罪となる時代だ。

 

そして、何よりキャパを超えんようにチェックしとくのが、大人の努めや。

 

 

 

と、不安な気持ちに苛まれていると・・・

CONTACTお問い合わせ

コラムを読む