Column


「橋本歯科医院から訪問先まで5分くらいですが全ての訪問開始時間が橋本歯科医院の診療開始時間の30分後からですね。なんか図ったような時間ですがどういうことですか」
「そら、準備やらに時間かかってますねん」
「そうですか、その割には患者間の移動時間は全て3分しかかかっておりませんが準備や後片付けはそんなに早くできないと思いますがいかがでしょうか」
「えーっと…」
目が泳いどる。これじゃ、いくらカルテが完璧でもいくらでも不当請求にできそうだ。
「ぶっちゃけ、どうなんですか」
「……」
あかん、全然あかんわ。
「とりあえず、これ、ダメで、よろしいか」
「ちょっと待ってくれや、厳しすぎへんか」
「なんでやねん、これくらいサクッと答えられへんかったらケツの穴の毛まで毟られるで」
「じゃー、なんて言ったらよろしいか」
「いや、3分でやってますんや、でよろしいやないか、実際にそれでやっとるんやから。要はこの質問は訪問時間に準備や後片付けの時間も加味しているか聞かれてるだけや、訪問時間はあくまで診療時間のみを書かなあかんけど、間違いないよな、ってひっかけ問題や」
「これ、引っかかったらややこしいか」
「そらそや、全て20分以上が20分未満になって差額を返還させられることになるで」
「きびいな」
「そや、厳しいんや。下手な問答はしたらあかんということや。あと、目、泳ぎすぎや。『僕は嘘ついてます』って顔に書いとるで」
「どないしたらよろしいか」
「向こうもプロや、こういう時は目を逸らさんと問答せなあかん」
「難しいな、もうちょっと模擬試験してもらってよろしいか」
「じゃあ、歯周基本処置に使う薬剤は何ですか」
「えーっと、何やったかな…」
「ホンマにやってますか」
「はい、やってますけど、何やったかな、カルテには書いてるんやけど」
「カルテには〈J〉と書いてますが具体的な薬剤名を教えていただいてよろしいですか」
「ああ、アレですわ、アレ。…」
「あのなあ、こういう簡単な質問はサクッと答えないと、やってへんて思われるで」
「いや、緊張してど忘れしたんや」
「こういうの忘れるとかいうレベルやないんや、ええ加減なこと言うなや。あと、まばたきが多い。鼻も触るのをやめなあかん」
「難しいな、どないしたらよろしいか」
「自分に後ろめたいことがあればどうしても今みたいな感じになってしまうんや」
「誰でも、多少は後ろめたいことはあるやろ」
「ええか、まずは自分自身を洗脳せなあかん、ヒトラーも言うてたやろ、嘘も100回言えばホンマになるて」
「嘘つけ言うんか」
「ちゃう、個別指導で嘘なんか絶対についたらあかん」


一覧に戻る