Column


「問題集ってどんな感じですか」
(同質問22件)


個別指導準備するにあたって、その歯科医院のレセプトをチェックするんだけど、パーッと見ていくうちに大体のそこの歯科医院の色が見えてくるんだよ。
デンチャー作るときは毎回壊れてティッシュコンしてるな、とかここの歯科医院は抜歯は全て難抜歯で算定しているな、みたいな。
そういうケースをまとめていくとこんな質問がされるんだろうな。みたいなことが分かってくるんだよ。
だから、「このような診療内容をされていますけど、どういった理由でされましたか」とか「これってどういうことですか」みたいな感じで院長先生と一緒に算定要件を確認しながら想定される質問に対してどう答えるのがベストなのか、打ち合わせしていくんだよ。
それはちょっとムリがあるからあきらめた方が心証いいですよ。であったり、ここはマジメにやってることですし、ちゃんと説明していきましょう。であったり。
また、それとは別に基本的なこともある程度、打ち合わせしておく必要があるんだよ。
いわゆる事務官の質問だよな。
事務官の質問である程度脇を閉められることになるから、後から辻褄の合わないことを言えなくなっちゃうんだよ。
例えば、歯科衛生士の業務はどういうふうなことをさせてるのか、であったり、診療明細発行のことなどもある程度打ち合わせをしておかないといけないよなぁ。
ほら、診療明細書ってほぼ、すべての歯科医院は出さなきゃイケナイもんだけど、事務官が意地悪な質問をしてくるんだよ。
「診療明細書、発行してますか」
—「はい」
ここくらいまでならどの先生も即答できるんだけど
「生活保護や小児などの患者窓口負担のない患者さんにはどうですか」
みたいな質問になると、ふと考えてしまう先生が多いんだよ。
こういうのも
—「皆に出してます」
と即答できるようにならないとな。
まだあるんだよ、院内掲示物。
「じゃあ、その院内掲示物はしておりますか」
—「はい、してます」
ここはだいたいの先生はなんとか答えられるんだけど
「院内掲示物の内容はどのようなことを記載していますか」
ってなるともうダメだな。
これもサクッと
「無料で発行してます」ってことや「患者が要らないと言われたら出してません」てことくらいは言えなきゃいけないよな。
多分、事務官も明細書、出していない歯科医院が多いこと分かってるからしつこく聞いてくるんだと思うけどさ。
でも、ちゃんとマジメに出していてもイキナリ聞かれると分からないよな。
こういうのはある程度、質疑応答の練習が必要だよな。



重田
Twitter @honma_kannin


一覧に戻る