個別指導部

個別指導部とは

個別指導になぜ選定されたのか、どのようなことを行なわれ、指導されるのか、歯科医の方々の不安に思われていることへの新規指導や個別指導、再指導、中断、監査への対策などを主に扱います。

実際に指導を受けた医師が、指導準備だけでなく、指導面接の練習なども行い、不安や悩みを解消し、指導に通るためのサポートを提供しています。

なぜ個別指導が行われるのか、目的を把握することが第1のステップ

そもそも何故、この個別指導が行われるのか、主に医療機関に対して適切な診療と保険請求の方法を指導し、将来的な問題を防止することにあります。このプロセスを通じて、保険システムの透明性と公平性を維持し、患者に対して質の高い医療サービスが提供されるようにすることが目指されています。
ただ、一般企業でもよく税務署の監査が入って、追徴金が発生して困っている、などの話をよく聞きますが、歯科医も誤った保険算定をして不正請求などを行っている場合があります。患者や内部告発などで監査に入られるケースもあり、監査員は真実を知るべく、様々な質問や提出書類を求めてきます。

 

個別指導の結果次第で、診療報酬の自主返還、監査、そして保険医・保険医療機関の取り消しの行政処分を言い渡されることから、厚生局から個別指導の実施通知が届くと、歯科医の心理的な負担はかなり大きく、夜も眠れず対策に追われることもよくある話です。

個別指導が入るほんの一例

保険請求の不正確さや不審な点の検出

歯科医院が提出した保険請求書に誤りが見られたり、通常の診療パターンとは大きく異なる請求があった場合、厚生労働省や保険者はこれを不正確または不審とみなし、さらに詳細な調査を行うことがあります。

剰診療の疑い

患者に必要のない治療を行い、それに対して保険請求をしている疑いがある場合、個別指導の対象となることがあります。これは、不必要な医療行為を減らし、保険システムの健全性を保つために重要です。

診療記録の不備や不一致

提出された保険請求内容と実際の診療記録が一致しない場合、これは誤りや不正行為の兆候と捉えられます。正確で詳細な診療記録の保持は法的に義務付けられています。

特定の診療項目の異常な利用頻度

ある診療項目が極端に多く請求されている場合、これは過剰診療や不適切な診療方法の使用を示唆する場合があり、監査の対象となることがあります。

患者や他の医療従事者からの通報

患者や他の医療従事者が、歯科医院の不正確な請求や不適切な診療について報告した場合、これらの情報は監査や個別指導のきっかけとなり得ます。

個別指導はぶっつけ本番で乗り越えられることではありません。
事前の準備が指導を無事に終わらせることに繋がります。
当サイトでは、事前準備から対策方法まで、幅広くコラムにて知識を公開。

Case01
個別指導の通知が届いた
「どうすれば?」
Case02
個別指導から監査になってしまった
Case03
弁護士はどう選べばいいの?

個別指導の通知が届いた「どうすれば?」

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

個別指導から監査になってしまった

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

弁護士はどう選べばいいの?

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。