回答

プラークコントロールの動機付けのためです

解説

口腔内カラー写真は歯周病検査とともにおこない、上下、左右、正面、の計5枚までなら算定可能である。
もちろん撮影したものを患者に見せて説明しなければならない。
そして説明したことをカルテに記載しておかないと歯科個別指導では
「説明していない」と判断されて算定要件不足で不当請求扱いになるので注意が必要である。

やり直しはきくんじゃいあきらめんなよ!

さらに歯科個別指導の奥義を極める問題集にもどる