回答

検査結果をもとに診断を行い、診断結果をもとに治療順序を立案し、治療計画を決定したならば患者に説明する

解説

部位ごとに歯周病の進行具合が違っていたりする。そのため部位ごとに診断しておく必要がある。また、くだらない事だが患者に説明したのならカルテにした記載しておかないと指導時には説明をしていないのではないかと指摘をされ不当請求扱いになるので注意が必要である。

やり直しはきくんじゃいあきらめんなよ!

さらに歯科個別指導の奥義を極める問題集にもどる