回答

歯科医師

解説

やむを得ない場合は衛生士や助手、受付に口述筆記させることはできるがやむを得ない場合はどのような時か、具体的な基準が設けられていない。そのため担当の技官の裁量に委ねられることになる。また、口述筆記させた場合は歯科医師の署名または記名押印が必要となる。逆に口述筆記させたほうが指導時にはめんどくさいことになるので注意すべきだ。

やり直しはきくんじゃいあきらめんなよ!

さらに歯科個別指導の奥義を極める問題集にもどる