回答

写しは主治医に提出し、原本は患者に提出しております。

解説

ここで間違ってはいけないことは患者には「原本」を、そして主治医には「写し」を渡さなければならない。
たまに逆になってしまっている時があるので注意が必要である。
また写しは2部必要となる。
1部はカルテに添付するため、そしてもう1部は歯科衛生業務記録簿等に保存しておく必要がある。

やり直しはきくんじゃいあきらめんなよ!

さらに歯科個別指導の奥義を極める問題集にもどる