回答

下顎位の咬合関係は正しいが、義歯床粘膜面の適合関係が不良となった場合に義歯床粘膜面を新しい義歯床用材料に置き換え、義歯床粘膜との適合を図ること。

解説

リラインに関しては意外にも技官は厳しく追求しないところである。
というのも義歯新製後、6ヶ月以上経てば基本的には新たに新製するのも可能である。
そこをあえて新製せずにリラインをしていることで保険医療費の抑制にもなるからだ。
下手に厳しく指導して以後は新製されるくらいならここはあまり厳しくしないで今後も
新製ではなくリラインを選択してほしいのではないかとも思われる。

やり直しはきくんじゃいあきらめんなよ!

さらに歯科個別指導の奥義を極める問題集にもどる