回答

口腔粘膜湿潤度または唾液量で評価してります。

解説

口腔粘膜湿潤度は口腔水分計(ムーカス、ライフ)を使用して舌尖から約10mmの舌背中央部における口腔粘膜湿潤度を計測する。測定値27.0未満を口腔乾燥とする。
唾液量測定はサクソンテストによる。医
用ガーゼを利用し、2分後の重量と比較する。2分間で2g以下の重量増加を口腔乾燥ありとする。

やり直しはきくんじゃいあきらめんなよ!

さらに歯科個別指導の奥義を極める問題集にもどる