回答

オーラルディアドコキネスにより評価しております。

解説

Pa、Ta、Kaそれぞれの音節の5秒間での発音回数を計測する。Pa、Ta、Kaのいずれかの1秒あたりの回数が6回未満を舌口唇運動機能低下症とする。

やり直しはきくんじゃいあきらめんなよ!

さらに歯科個別指導の奥義を極める問題集にもどる