回答

咀嚼能力検査または咀嚼能率スコア法により評価しております。

解説

咀嚼能力検査は2gのグミゼリーを20秒間自由咀嚼させた後、10mLの水で含嗽させ、グミと水を濾過用メッシュ内に吐き出させ、メッシュを通過した溶液中のグルコース溶出液を咀嚼能力検査システム(グルコセンサーGS-Ⅱ)にて測定する。グルコース濃度が100mg/dL未満を咀嚼機能低下とする。
咀嚼能率スコア法はグミゼリーを30回咀嚼後、粉砕度を視覚資料と照合して評価する。スコア0、1、2の場合、咀嚼機能低下とする。

やり直しはきくんじゃいあきらめんなよ!

さらに歯科個別指導の奥義を極める問題集にもどる