回答

歯ごたえのある食品摂取の指導やチューイングガムやグミゼリーを用いた咀嚼訓練等の咀嚼筋訓練などの指導を行う。

解説

また、補綴装置の評価を行い、対応の必要性を判断する。咬合力の低下が栄養摂取バランスの低下や、ひいては全身の筋力低下につながることを理解してもらい、患者の
動機付けや生活・栄養指導につなげていく

やり直しはきくんじゃいあきらめんなよ!

さらに歯科個別指導の奥義を極める問題集にもどる